記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

川越蔵まち宵の市 演武

川越蔵まち宵の市〜蔵まちぶらぶらマーケット〜 7月6日(土)第5回イベント 上記イベントにて、天心流兵法の演武を披露させて頂きます。 江戸時代の町並みを色濃く残すことで有名な川越の町に、江戸時代初期の武藝を演武させて頂けるのは大変有難い事と思います。●川越蔵まち宵の市とは 蔵造りのステキな街並みの商店街を夜も楽しんでもらおう!という『川越蔵まち 宵の市 ~蔵まちぶらぶらマーケット~』! 一番街商店街...

続きを読む

鯉口の切り方について②

 さて、よくわからない豆知識などで記事が終わってしまった前回に引き続き、「鯉口の切り方について②」です。 ちなみに前回の記事はこちらです。鯉口の切り方について①http://tenshinryu.blog.fc2.com/blog-entry-150.html ここからようやく本題になります。 往時の武士は雪隠や湯浴みなど特別な場合を除いては、床に入るまで刀をその身から離しませんでした。 そのためちょっとした所作で誤って鞘から刀身が抜け落ちないよう...

続きを読む

6月追加稽古日について

平成ニ十五年六月 稽古日程に追加が御座いますのでお知らせ致します。■本部兵法塾日時:6/29(土) 15:00~17:00場所:緑スポーツセンター・研修室 (横浜市緑区)交通:JR横浜線『中山駅』、横浜市営地下鉄『中山駅』より徒歩3分...

続きを読む

鯉口の切り方について①

 鯉口(こいぐち)とは、刀の鞘の口の事です。 「こいぐち」とも「こいくち」とも訓まれるようですが、武術の世界では比較的「こいぐち」と訓まれる事が多いように思います。 天心流兵法でも「こいぐち」を用いております。 鯉が口を開ている姿に似ているので、そのように呼ばれております。↑鯉口・Google画像検索「鯉の口」※魚や鯉の苦手な方は開かないで下さい いかがでしょうか? 似ておりますでしょうか? 断固似ていな...

続きを読む

information

このブログは、時沢弥兵衛師を流祖とし、四百年近くの歴史を有する古武術・古武道『天心流兵法』の公式ブログです。
公式サイトは下記になります。
http://tenshinryu.x0.com

また第十世師家 鍬海政雲のブログは下記となります。
http://tenshinryuhyoho.blog.fc2.com/

Twitterアカウントは下記になります。是非フォローをお願い致します。

また入門、体験、見学は下記メールアドレスかメールフォームにて受け付けております。
メールアドレス:tenshinryu@me.com
※返信メールが迷惑フォルダに振り分けられる等の原因により届かない事が御座います。二日以内に返信が無い場合は、お手数ですがその旨御連絡お願い致します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。