記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Not The Last Samurai 

 2003年に公開されたトム・クルーズ主演映画「ラスト サムライ」では明治維新に抗う文字通りラストサムライの勝元盛次役を渡辺謙が演じ、全米と日本で大ヒットしました。【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ラスト サムライ [Blu-ray](2012/12/19)トム・クルーズ、渡辺謙 他商品詳細を見る これが契機となったのかはわかりませんが、武道家、武術家など、ラストサムライを冠してメディアに登場する姿を時折見かけます。 ご...

続きを読む

パンフレット制作

 日頃和装で生活している為、外出時に見知らぬ方から声を掛けて頂く機会が多いのですが、中々何をしているのか説明するのは難しいものです。 頭の中で茶道、華道、そして落語と当たりをつけていらっしゃる場合が多く、古流武術や古武道と言うと漢字変換もままならず、「江戸時代から伝わる武道で、刀を使います」と妙に長い説明をしますが、すると「剣道ですね」と言われます。 広義では間違いではないのですが、しかしそこでs...

続きを読む

映画『るろうに剣心』

映画『るろうに剣心』公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/index.html いよいよ公開されました。 るろうに剣心の影響で古流武術をはじめたという方も、日本国内で三億人くらいは居ると聞きます。 今回も話題沸騰となって、潜在的古流武術習いたい層を獲得したい所です。 まぁ現実の古流武術はあそこまで派手には動きませんが、天心流兵法は数ある古流の中でも、非常に地味な坐法小太刀抜刀術を多数含んで...

続きを読む

ポスター

 天心流兵法は長く少数精鋭でやって参りました。 少数精鋭と申しますと聞こえは良いですが、師家の都合により門人を広く募る事が出来ず、入門を許されたのは縁故者に限られておりましたので、少数にならざるを得なかったというのが実情です。 基本的に抜刀術は一人でも稽古出来ますが、剣術は稽古相手が居なくては困りますし、やはり定期的な稽古が無くては中々修業も難しいものです。  数年前に定期的な稽古が可能となって以...

続きを読む

「顎十郎捕物帳」久生十蘭著

顎十郎捕物帳 (朝日文庫)(1998/04)久生 十蘭商品詳細を見る これは天心流兵法流祖、時沢弥兵衛師が登場する大変珍しい小説です。~~~~~~~~~~~~~~~ 実に、どうも凄い剣気だった。 うっかりしていたら、まっぷたつになるところ。 いまの居合斬りは柳生新陰流の鷲毛落。 これほどにつかえるやつは、日本ひろしといえども二人しかいない。 ひとりは備中の時沢弥平、もうひとりは、越前大野の土井能登守の嫡子土井...

続きを読む

information

このブログは、時沢弥兵衛師を流祖とし、四百年近くの歴史を有する古武術・古武道『天心流兵法』の公式ブログです。
公式サイトは下記になります。
http://tenshinryu.x0.com

また第十世師家 鍬海政雲のブログは下記となります。
http://tenshinryuhyoho.blog.fc2.com/

Twitterアカウントは下記になります。是非フォローをお願い致します。

また入門、体験、見学は下記メールアドレスかメールフォームにて受け付けております。
メールアドレス:tenshinryu@me.com
※返信メールが迷惑フォルダに振り分けられる等の原因により届かない事が御座います。二日以内に返信が無い場合は、お手数ですがその旨御連絡お願い致します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。